綺麗な歯

日本において、審美歯科が普及したのは最近のことです。 しかし、審美歯科のルーツとなる歴史は意外と長く、古墳時代までさかのぼります。 古墳の中から、お歯黒の形跡がみられる人骨が発見されてから、日本では女性の中でお歯黒することが定着しました。平安時代には男性もお歯黒していた頃もありました。 江戸時代には既婚女性をあらわすシンボルとなったお歯黒ですが、明治時代には禁止令が出されるようになりました。 最近では、白く美しい歯にするための審美歯科として、ホワイトニングや、銀歯を白い詰め物にするなどの治療を行うようになりました。日本では、白い歯にするという習慣は新しいものですが、すっかり清潔で健康なイメージのものとして定着しました。

審美歯科は、虫歯を削って銀歯を詰めるだけの機能的な治療だけでなく、見た目にこだわった治療を行います。 銀歯ではなく、白いセラミックなど本物の歯のような治療をすることで、きれいな口元にすることができます。 歯は、白いだけでなく、透明感があります。セラミックは、人間の歯と同じような透明感のある白さを持ちます。 このように、白い歯を求める患者さんは多くいるために、今後もきれいな歯を目明日治療は普及するでしょう。 また、審美歯科では歯を白くするホワイトニングも行われています。 お茶などで黄ばんでしまった歯を、自然な白さに戻すことが出来きます。 白い歯は健康的で美しい印象を与えます。 笑ったとき、口元からこぼれる白い歯は好印象につながります。