矯正器具を使う

現在、ブラケットが透明、もしくは歯と似た色になっている矯正器具を使用して矯正歯科の治療を行っている歯医者があります。また、歯の裏側に装着する矯正器具を使用して矯正歯科の治療を行う歯医者もあります。更には、ブラケットがなく、取り外し可能、色は透明のマウスピース型の矯正器具を使用して矯正歯科の治療を行っている歯医者もあります。 矯正歯科治療は長年、装着しなければならない矯正器具が目立ち過ぎるという問題を抱えていました。目立つ矯正器具を装着することによる精神的な負担を感じることが嫌で、矯正歯科の治療を受けないという人も数多くいたはずです。 しかし、前述したような、新しい矯正器具が現在は存在していますので、矯正歯科の治療は以前に比べると受けやすくなっています。

ただ、矯正器具の問題とは関係なく、矯正歯科の治療を受けないという人もいることでしょう。そういった人は、おそらく、矯正歯科の治療は見た目の悪さを改善するための治療だと考えていることでしょう。もちろん、見た目を改善することもできますが、矯正歯科の治療は他の面でも非常に意味がある治療なのです。 歯並びが悪い人は、虫歯や歯周病になりやすい傾向にあります。なぜなら、歯並びが悪いと歯ブラシが届かない場所がある可能性があるからです。つまり、日頃欠かさず、丁寧に歯磨きをしていても、その歯磨きは不十分である可能性があるのです。 また、歯並びが悪い人は、健康を損ねやすい傾向にあり、ひいては病気になる確率が高くなります。なぜなら、歯並びが悪ければ、咀嚼能力が低い可能性があるからです。咀嚼能力が低ければ、食べ物はカタチを残したまま飲み込まれます。そうなれば、消化器官に当然、負担がかかります。その負担は体調を悪くさせますし、病気の原因にもなります。 このように悪い歯並びは、見た目以外にも重大な問題を抱えていますので、矯正歯科の治療は受けなければならない治療なのです。